popup_800_536_ON
ヘックス城 その2をお送りします。

popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
ctImg4
主館の前から奥行 220m 建物の幅と同じ 50m の庭です。А ̄鷆甦兇魘くするために庭は 奥行き方向に絞られていきます。手前は100m×50m奥の方は100m×25mです。ただ 生垣の高さは 同じでした。高さは4.5m程。(数字はすべて推計値です)
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
通路部分は 小砂利を敷き詰めてありました。排水のために ピンコロ石をU字形にしてありました。 それとも水勾配で流すような感じはうけなかったので 推測ですが 浸透式ではないでしょうか。
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
ctImg3
ctImg4
遠近感を強調するために 生垣を絞っていくところには 彫像や 他の庭への エントランスが 垣根で 作られていました。
客を ロングウォークいら 招じ入れて 右奥までに伸びる庭を見せながら 左手に館を見せる構想だと思います。
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
popup_800_536_ON
主館の左側に ロングウォークぁ,坊劼る門がありました。

ヘックス城 その3   ヘックス城 その4
   その1